番組表
04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
5月23日 (火)
番組情報 開始時間 番組内容
JAZZ
04:00
ジャズ・レジェンズ・ライヴ!#1ジャズ黄金期
人気ジャズ、フュージョンアーティストのパフォーマンスシーンを特集した人気シリーズ。今回はキャブ・キャロウェイ、デューク・エリントン、ルイ・アームストロング、ジーン・クルーパ、ペギー・リー、バディ・リッチなどジャズ黄金期に活躍したアーティストのライヴをお送りします。
JAZZ
05:00
ジャズ・レジェンズ・ライヴ!#2 ▽ベン・シドラン&スティーヴ・ミラー他
人気ジャズ、フュージョンアーティストのパフォーマンスシーンを特集した人気シリーズ。今回はアーネット・コブ、チャーリー・バード・トリオ、ベン・シドラン&スティーヴ・ミラー、レス・マッキャンなどのライヴをお送りします。

《曲目&出演》
1. アーネット・コブ「The Nearness Of You」
2. アーネット・コブ「Bags Groove」
3. チャーリー・バード・トリオ「Jitterbug Waltz」
4. チャーリー・バード・トリオ「Wave」
5. チャーリー・バード・トリオ「Someone To Light Up My Life」
6. ベン・シドラン&スティーヴ・ミラー「Mitsubishi Boy」
7. ベン・シドラン&スティーヴ・ミラー「On The Cool Side」
8. レス・マッキャン「Someday We'll Meet Again」
JAZZ
05:50
ジャズ・レジェンズ・ライヴ!#4 ▽ステファン・グラッペリ、フィル・ウッズ他
人気ジャズ、フュージョンアーティストのパフォーマンスシーンを特集した人気シリーズ。今回はステファン・グラッペリ、フィル・ウッズなどのライヴをお送りします。

《曲目&出演》
1. フィル・ウッズ・カルテット「My Old Flame」
2. ベン・シドラン&スティーヴ・ミラー「Space Cowboy」
3. ベン・シドラン&フィル・ウッズ「Last Dance」
4. チャーリー・バード・トリオ「Seven Come Eleven」
5. チャーリー・バード・トリオ「Thou Swell」
6. チャーリー・バード・トリオ「Just Friends」
7. ステファン・グラッペリ「After You've Gone」
8. ステファン・グラッペリ「Are You In The Mood」
9. ステファン・グラッペリ「Honeysuckle Rose」
JAZZ
06:40
ジャズ・レジェンズ・ライヴ!#5 ▽ステップス・アヘッド、ビリー・コブハム他
人気ジャズ、フュージョンアーティストのパフォーマンスシーンを特集した人気シリーズ。今回は“世界の手数王”ビリー・コブハム、ステップス・アヘッド、アーマッド・ジャマルなどのライヴをお送りします。
JAZZ
07:30
ジャズ・レジェンズ・ライヴ!#7 ▽リー・リトナー、ガッド・ギャング、チャック・マンジョーネ他
人気ジャズ、フュージョンアーティストのパフォーマンスシーンを特集した人気シリーズ。今回はリー・リトナー、スティーヴ・ガッド率いる「ガッド・ギャング」、チャック・マンジョーネなどのライヴをお送りします。
JAZZ
08:20
ソロ・ジャズ・セッション#1:ビル・フリゼール
毎回一人のジャズ・アーティストのソロ演奏をお届けするシリーズ番組。今回は現代ジャズシーン&現代アメリカ音楽の最重要ギタリストの一人、ビル・フリゼールが登場。
JAZZ
09:10
ソロ・ジャズ・セッション#22:ジョン・アバークロンビー
毎回一人のジャズ・アーティストのソロ演奏をお届けするシリーズ番組。今回は70年代ジャズ/フュージョン・シーンを代表するギタリスト、ジョン・アバークロンビーが登場。《曲目》●Open Land●Alice In Wonderland●Jazz Folk
情報
10:00
情報番組
快適で健やかな暮らしに役立つ品々の通信販売のご案内。
ROCK&POPS
10:30
ジェフ・ベック:スタジオ・ライヴ1972
「BEAT Club」より、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジらと共に3大ギタリストに名を連ねるジェフ・ベックの1972年に収録された貴重なパフォーマンスをお届けします。「Definitely Maybe」以外は当時ドイツ本国でも放送されず、日本でも今回がTV放送初の未公開映像!天才職人 ジェフ・ベックの究極のギター・プレイがここに炸裂!!
ROCK&POPS
11:15
ロッド・スチュワート:ライヴ・アット・AVOセッション2012
世界最高峰のヴォーカリスト、ロッド・スチュワートが2012年にスイスで行ったライヴ。「Maggie May」「Tonight's the Night」「Da Ya Think I'm Sexy?」など全米1位曲から、「Sailling」「The First Cut is the Deepest」などの時代を超えた名曲を演奏!
情報
12:30
情報番組
快適で健やかな暮らしに役立つ品々の通信販売のご案内。
ROCK&POPS
13:00
ジュールズ倶楽部 第37夜▽ポール・ウェラー、スーパーグラス、バーバ・マール他
元スクイーズのキーボーディスト、ジュールズ・ホランドが司会を務める英国BBCの人気音楽番組から1995年収録のスタジオ・ライヴをお送りします!今回は、ポール・ウェラー&バンドが登場!(Series5-Episode4/1995年収録)
情報
14:10
MA HEADLINES#307
ミュージック・エアがオススメするアーティストの最新情報をお届けする音楽番組。ここでしか見ることできない貴重なインタビューやライヴ映像などをお送りしていきます!MC:ダーリンハニー長嶋
ROCK&POPS
14:30
ビートルズ:レノン&マッカートニー・ソングライティング・ヒストリー1967-1972
20世紀最高のソングライティング・チーム“レノン=マッカートニー”。1967年から1972年までのそれぞれのソロ作品のソングライティングに焦点を当てたドキュメンタリー。
ROCK&POPS
17:00
ドアーズ:ロック・レジェンズ
27歳の若さで亡くなり、未だにロック界に影響を与え続けるカリスマ・ヴォーカリスト、ジム・モリソンを中心とした伝説のバンド、ドアーズの軌跡を辿ったライヴ&ドキュメンタリー。
情報
17:30
情報番組
快適で健やかな暮らしに役立つ品々の通信販売のご案内。
ROCK&POPS
18:00
エリック・クラプトン出演!ジュールズ倶楽部 第255夜
ジュールズ・ホランドが司会を務めるBBCの人気スタジオ・ライヴ番組。今回はエリック・クラプトン、キングス・オブ・レオン、M.I.A. ザ・ヴァクシーンズらが出演!エリック・クラプトンはクリーム時代の名曲「Crossroads」、ジャズ・スタンダード曲「Rockin' Chair」、戦後テキサス・カントリー・ブルースの重要人物リル・サン・ジャクソン作の「Travelin' Alone」を披露!(2010年収録)

《出演&曲目》
1. キングス・オブ・レオン「RADIOACTIVE」
2. エリック・クラプトン「TRAVELIN' ALONE」
3. M.I.A.「IT TAKES A MUSCLE」
4. ベロウヘッド「NEW YORK GIRLS」
5. ザ・ヴァクシーンズ「IF YOU WANNA」
6. エリック・クラプトン「ROCKING CHAIR」
7. キングス・オブ・レオン「PYRO」
8. ジョナサン・ジェレミー「HOW HALF-HEARTEDLY WE BEHAVE」
9. ザ・ヴァクシーンズ「BLOW IT UP」
10. エリック・クラプトン「CROSSROADS」
11. M.I.A.「BORN FREE」
12. キングス・オブ・レオン「BACK DOWN SOUTH」
ROCK&POPS
19:05
エリック・クラプトン:サウス・バンク・ショー1987
“ギターの神様”エリック・クラプトンの軌跡を追ったドキュメンタリー番組「サウス・バンク・ショー」を放送。60年代の伝説的バンド「ヤードバーズ」、クラプトンを一躍有名にした60年代のスーパートリオグループ「クリーム」について彼自ら語るほか、クラプトンに影響を与えたブルースマン、バディ・ガイとの1987年ロニー・スコッツ・クラブでの共演ライブの模様も放送。番組内で、クリームのバンドメイトだったジャック・ブルースと解散以来の共演も実現している。(1987年制作)
情報
20:00
シネマタイム#416
大人のための最新映画情報番組。 大人が楽しめる様々なジャンルの映画を紹介します。MCは映画フリー・ライター&エディターの松山梢。
ROCK&POPS
20:30
ジョニー・ウィンター:ライヴ・アット・ミュージックラーデン1974
「100万ドルのギタリスト」の異名を持つ伝説のブルース・ギタリスト、ジョニー・ウィンターが1974年にドイツのTV番組「MUSIKLADEN」で行ったライヴ。

《曲目》
1. Roll With Me
2. Bony Moronie
3. Jumpin' Jack Flash
4. Bad Luck Situation
5. Black Cat Bone
6. Pick Up On My Mojo
7. Self Destructive Blues
8. Roll Over Beethoven
ROCK&POPS
21:15
ホセ・フェリシアーノ:ライヴ・アット・ニュー・モーニング前編
1968年にグラミー賞最優秀新人賞を受賞したプエルトリコ出身の盲目のギタリスト兼シンガー、ホセ・フェリシアーノの2008年パリで行われたライヴをお送りします《出演》ホセ・フェリシアーノ(ギター、ヴォーカル)、グレッグ・スミス(キーボード)、ボブ・コンティ(パーカッション)、タイガー・マクニール(ドラム)、ジョニー・メノンナ(ベース)、ティー・マクヒュー(キーボード)曲目》●Chico And The Man ●Crazy Heart ●Billie Jean ●I Got A Woman ●Rain ●If You Don't Know Me By Now ●Higher Ground 他
ROCK&POPS
22:00
ジュールズ倶楽部 第79夜▽ビューティフル・サウス、Dr. ジョン、ジョシュア・レッドマン他
ジュールズ・ホランドが司会、英国で10年以上の歴史を誇る超人気シリーズ。ビートルズやバート・バカラックからの影響を感じさせるメロディと、90年代ギター・ポップが融合を遂げたバンド、ビューティフル・サウスが登場。その前身と言うべき“ハウス・マーティンズ”で活動を共にしたノーマン・クックと共演する。(Series12-Episode4/1998年収録)
ROCK&POPS
23:00
リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンド:ライヴ・アット・グリーク・シアター1989
元ビートルズのドラマー、リンゴ・スター率いるリンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドの1989年のライヴをお送り致します。

《出演》リンゴ・スター、ビリー・プレストン、レヴォン・ヘルム&リック・ダンコ(ザ・バンド)、ドクター・ジョン、ジョー・ウォルシュ(イーグルス)、ジム・ケルトナー、ニルス・ロフグレン&クラレンス・クレモンズ(Eストリート・バンド)

《曲目》
1. It Don't Come Easy
2. No No Song
3. Yellow Submarine
4. Iko Iko
5. The Weight
6. Will It Go Round in Circles
7. Act Naturally
8. Honey Don't
9. You're A Friend of Mine
10. The Shape I'm In
11. I Wanna Be Your Man
12. Life in the Fast Lane
13. Up on Cripple Creek
14. Boys
15. Bein' Angry
16. Right Place, Wrong Time
17. Quarter to Three
18. Rocky Mountain Way
19. Photograph
20. With a Little Help from My Friends
ROCK&POPS
24:30
イーグルス:デスペラード
70年代ロック界の頂点を極めたバンド、イーグルス。過去のライヴ映像とともに、数々のヒット曲・名曲を生み出してきたイーグルス・サウンドに迫るドキュメンタリー。
出演: イーグルス
ROCK&POPS
25:40
イーグルス:ロック・レジェンズ
「ホテル・カリフォルニア」などのヒット曲で知られる世界的ロック・バンド「イーグルス」の軌跡を辿ったライヴ&ドキュメンタリー。
出演: イーグルス
ROCK&POPS
26:05
クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング:ロック・レジェンズ
元バーズのデヴィッド・クロスビー、元バッファロー・スプリングフィールドのスティーヴン・ スティルスとニール・ヤング、元ホリーズのグレアム・ナッシュらによるスーパーグループ「クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング」の軌跡を辿ったライヴ&ドキュメンタリー。
ROCK&POPS
26:30
ニール・ヤング:ロック・レジェンズ
60年代にデビュー以降、今でも第一線で活動を続けるカナダを代表する大御所ミュージシャン、ニール・ヤングの軌跡を辿ったライヴ&ドキュメンタリー。
ROCK&POPS
27:00
ウッドストック・ダイアリー1969 DAY 1
1969年8月15日から3日間、ニューヨーク郊外ベセルの丘で開催された伝説的なロック・フェスティバルを記録したドキュメンタリー。1日目、8月15日の模様をお送りします。

《出演&曲目》
1. リッチー・ヘヴンス「I Can't Make It Anymore」
2. リッチー・ヘヴンス「Freedom」
3. カントリー・ジョー・マクドナルド「The "Fish" Cheer/I-Feel-Like-I'm-Fixin'-to-Die Rag」
4. ジョン・B・セバスチャン「Rainbows All Over Your Blues」
5. インクレイディブル・ストリング・バンド「When You Find Out Who You Are」
6. バート・ソマー「Jennifer」
7. ティム・ハーディン「If I Were a Carpenter」
8. ラヴィ・シャンカール「Evening Raga」
9. アーロ・ガスリー「Walkin' Down The Line」
10. ジョーン・バエズ「Drug Store Truck Drivin' Man」
11. ジョーン・バエズ「Sweet Sir Galahad」

TOPへ